江夏画廊 | 麻布・六本木の絵画展覧・販売
 
営業時間:10:00~18:00  電話:03-6426-5139 江夏画廊のTwitterアカウント 江夏画廊のFacebookアカウント
マッケンジー・ソープ(Mackenzie Thorpe)

マッケンジー・ソープ

Mackenzie Thorpe

マッケンジー・ソープのプロフィール

 

 国際的に有名なアーティストであるマッケンジー・ソープは、経済的に困難な次期に、北イングランドの産業の町で育ちました。
ディスレクシアという文字の読み書きが困難な症状のため、苦労しながらも絵画の世界に光を見出しました。 彼の作品は愛と友情をもとに、人間の持つ感情のすべてが内包されています。そして、ここの成功と内省の大切さを表現するものです。
 彼は心底この世界が子どもたちにとってよりよい場所となるよう願っています。いくつかの作品は、人類の回避できない絶望や、うわべの無益なものを表現しているように見えますが、実はそのような中にも希望と愛があることを伝えます。 また人々と同様に動物をモチーフに、我々の人生における美しい瞬間を表現します。 彼のすべての作品を通して、そこには「愛と真実」を見ることが出来ます。
 マッケンジー・ソープは愛は全てを克服することができると信じ、また彼の作品がそのこと事実として物語るのです。

彼は驚くべき才能を持つ特別な男性です。
そして彼は真のアーティストです。

 

1956年、イギリス、ノースヨークシャーのミドルスブローに生まれる。

【教育】
ミドルスブロー美術大学卒業(ノースヨークシャー、ミドルスブロー)
バイアム・ショー美術学校卒業(ロンドン)

【活動履歴】
1995年 アラートン・キャッスル展 ― イギリス北部で最大規模の個展
1995年 ヨーロッパ市場向けにシルクスクリーンの制作を依頼される
1996年 L.A.アートエキスポのポスターやカタログ表紙の公式作家に選定
1996年 世界市場向けにシルクスクリーンの制作を依頼される
1996年 「エルトン・ジョン エイズ基金」のためのカードデザイン
1997年 妃殿下プリンセス・アンによる「子供達を救え基金」への協力
1997年 英国ディスレクシア財団のためのカードデザイン
1998年 イギリス保守党党首、ウィリアム・ヘイグのカードデザイン
2000年 イギリスの美術業者1700社が参加する美術ギルドより、ベストセラー・アーティストに選ばれる
2001年 子供達の基金創設を目指した巡回展、デスティニー・ツアーを開始
    イギリスのバーミンガム美術館の公式セレモニーからスタートする
2002年 アンドレ・アガシの主催する子供達のための募金イベントに協力
2003年 初来日しホテルオークラ、明治記念館等でチャリティー個展を開催
2004年 東京渋谷のBunkamura Gallery で来日個展を行う。愛をはこぶ人キャンペーンに参加
2005年 パレスホテル東京にて来日展。NHK教育番組「福祉ネットワーク」
    でドキュメンタリー番組が放送される
2006年 米国ミズーリ州カンザス市において、「A CROSSROAD」イベントを行い大型彫刻を発表
    ホテルオークラにて来日絵画展を開催
2007年 福岡、熊本の県立美術館ならびに鹿児島市立美術館にて新作原画を展示
2008年 学習研究社にて大型彫刻「ライフ」のペイントワークショップを開催
2009年 佐賀県立美術館、全国主要百貨店にて来日展を開催
2010年 英国キャプテン・クック・ミュージアムで半年以上にわたる展示会開催
    ミドルスブローのティーサイド大学にて、アートの博士号を取得
2011年 エリザベス女王即位60周年記念に向けた版画制作を行う
    瀬戸内国際子ども映画祭の為のシンボル「ブランチ・オブ・ピース」を制作
2014年 ツール・ド・フランス公式イメージ看板が作られる
2015年 2年間にわたる英国ミドルズブラ駅でのポスター展示
2016年 日本はーとフェルトプロジェクトへの協力 www.heartfelt.jp

日本の皆さまへ

私は、アートの世界で生き、そして自分の夢を叶えられるとは思ってもいませんでした。しかし予想に反し、そのアートを通してたくさんの経験をしています。生活は変わり、アーティストとしての能力を伸ばすことができ、なおかつ視野を広げることができました。

私の作品たちは世界中にあるたくさんの素晴らしいギャラリーで展示されています。そして、私自身も私の好奇心を満たすべく多くのエキサイティングな場所に行くことができました。何よりも、絵を描くことでたくさんの素晴らしい人々に出会えたことがうれしく、これらすべての経験が私の生活と制作活動の基盤となっています。 私は江夏画廊によって、日本のみなさんに紹介していただけることをとても誇りに思っています。そして、あなたがたの素晴らしい国に招かれるということは大きな名誉です。私は最初に、日本の国の美しさを愛で、文化を味わい、さらに触れて感じて行きたいと思っています。

そして何よりもみなさんにお会いできるのをとても楽しみにしています。

日本に降り立ち
その土地に触れ
日本に吹く風を感じたい

そして夢であった今のこの現実の中で
私は誇りを持ってここにいます

LOVE MACKENZIE

 

新着情報

ブログ記事

2017-07-09
【社長コラム】メキシコ旅行記3(エル・タヒン編)
2017-07-08
【社長コラム】メキシコ旅行記2(メキシコシティ編)
2017-02-27
【社長コラム】メキシコ旅行記1(パレンケ編)
2017-02-16
チャリティ絵画展
2017-02-11
【社長コラム】オーストリア旅行記最終回(グラーツ、ウィーン)
2016-10-15
実践障害児教育へ寄稿しました
2016-09-22
板橋ソープ展最終日の驚き!!
2016-09-18
アートのワークショップ
2016-07-28
江夏画廊のプレミアム絵画レンタル&絵画リース
2016-07-18
【社長コラム】オーストリア旅行記(ヴェルフェン、ハルシュタット)