江夏画廊 | 麻布・六本木の絵画展覧・販売
 
営業時間:10:00~18:00  電話:03-6426-5139 江夏画廊のTwitterアカウント 江夏画廊のFacebookアカウント
アラン・ボノール(Alain Bonnaure)

アラン・ボノール

Alain Bonnaure

アラン・ボノールのプロフィール

 

アラン・ボノール

印象派を現代に受け継いだ画家

若い頃に、フランスの名士アルベール・サロー氏に作品を買い上げられたことにより画家を志すことに決め、またサロ ー氏の強い薦めで名門のパリ国立美術学校(エコール・デ・ボザール)に進みました。
「これまでを振り返ってみると、私の絵の中で、光線の占める位置が時を経るごとに重要になってきたと気づくようにな りました。私の最初の師は偉大な彫刻家・アンリ・ボスケで、私は彼からデッサン、フォルム、ボリュームを学びまし た。二番目の師・グロメールからは色彩を愛する心を学び、また自らを自然の中に置くことで空間や光を発見していき ました。 それから私は印象派の画家たちに魅了されました。まずセザンヌでした。彼は力強くバランスを取りながら、絵具を混 ぜ合わせて光線を描く術を心得ていました。そしてゴッホの人間味あふれる情熱に魅せられ、ターナーからは光線の魔 術的な力を発見しました。彼の持つ近代的な視線は、まさに印象主義の先駆となったのです。モネは私にとって異論の 余地のない師です。彼は極めて精密な色彩で一日のある瞬間をキャンバスに捉え、自然を愛情豊かに美しく夢いっぱい に描きます。これらの画家に魅了され、季節と光の一瞬の美しさを捉えることが、私の絵の主なテーマとなったのです。

 

1941 年 フランス中部のペリグーに生まれる。
1954年 大賞受賞の彫刻家、アンリ・ボスケのアトリエに入る。 1955年 「南フランス新聞社」取締役社長のアルベール・サロー氏(※1) に作品を 3 点買い上げられ画家を志す。
1958 年 パリ国立美術学校に入学。 その後、教員免状を得て卒業し、その年ローマ賞(※2)に入選。
1965年 デッサンの教授となる。
1970 年~世界各地で展示会を開催。
1992年 初来日し、銀座、神戸などで作家招待展を開催。好評を博す。

新着情報

ブログ記事

2017-11-15
【社長コラム】メキシコ旅行記5(最終カンクン編)
2017-11-15
【社長コラム】メキシコ旅行記4(メリダ編)
2017-07-09
【社長コラム】メキシコ旅行記3(エル・タヒン編)
2017-07-08
【社長コラム】メキシコ旅行記2(メキシコシティ編)
2017-02-27
【社長コラム】メキシコ旅行記1(パレンケ編)
2017-02-16
チャリティ絵画展
2017-02-11
【社長コラム】オーストリア旅行記最終回(グラーツ、ウィーン)
2016-10-15
実践障害児教育へ寄稿しました
2016-09-22
板橋ソープ展最終日の驚き!!
2016-09-18
アートのワークショップ