江夏画廊 | 麻布・六本木の絵画展覧・販売
 
営業時間:10:00~18:00  電話:03-6426-5139 江夏画廊のTwitterアカウント 江夏画廊のFacebookアカウント
ジャネット・ルール(Jeanette Leuers)

ジャネット・ルール

Jeanette Leuers

ジャネット・ルールのプロフィール

 

【略歴】

1942年 ロンドンに生まれる。4歳の頃から絵画に関心を示す。
1960年 チェルシー美術学校に入学。学校を修了後、工芸デザイン会社を設立し、またロンドンのウエスト・エンドにある美術商のもとでビクトリア美術の修復家としても活動した。
1970年代 熱烈なコレクターからの声に応え、30代半ばより絵画に専心するようになる。
1982年 ウェールズ地方中部にある木々に囲まれた美しい丘陵地帯に自宅を構え、牧場を見晴らすことのできる小さなアトリエで制作に専念。
1988年 ブリストル(英国)で初の個展を開催。ロンドンでグループ展に参加。以後、アメリカ、ヨーロッパ各国で数々の個展を開催し続けている。
1995年 フランスのブルターニュ地方に移住。風光明媚なこの地に啓発されながら創作を続ける。
1996年 ロンドンの老舗デパート、ハロッズにて絵画展開催。
1998年 初来日。大好評を得る。
2000年 多くの企業が自社カレンダーにルールの作品を起用し始める。
~2014年 毎年日本各地で絵画展を開催する。
2015年 初の版画作品をリリース。

 

【主なカレンダー履歴】

2000年 スミスクライン・ビーチャム製薬
2001年 東京シティー信用金庫
2002年 セントラル硝子、宮崎太陽銀行
2003年 リレント化粧品
2006年 エクソンモービル
2006~9年 東亜合成

画家について

フランス印象派の流れをくむジャネット・ルールは、調和の取れた豊かな色彩を愛し、響き合い互いを引き立てあう色彩によって独自の美しい光を描き出す。彼女が得意とするテーマは田園や浜辺の風景であり、その風景の中には、いたずらっぽさを覗かせる子供のような、また、母性的な寛容さをたたえた人物たちが登場する。常に完璧なテクニックを駆使するために、彼女はパリのオルセー美術館で何時間も過ごし、印象派の巨匠達の、とくに彼女が敬愛するクロード・モネとアルフレッド・シスレーの絵画から学んできた。忘れていた、幼き頃の想い出がよみがえるような作風は、多くの人々の心象風景を呼び起こす。

 

新着情報

ブログ記事

2018-08-27
パラリンアート世界大会2018
2018-08-25
気楽に観にいらしてください
2018-08-19
蒲原元 展を終えて
2018-07-24
【社長コラム】山本宗平絵画の魅力
2018-07-07
ミラクルエッシャー展
2018-07-04
(都内近郊限定)絵画レンタル定額コースのご案内
2018-06-26
【社長コラム】伊藤哲先生のお仕事
2018-06-06
【社長コラム】ちょっと不思議な出来事
2018-05-25
【社長コラム】絵の価値
2018-05-24
ワンネーションカップとマッケンジー・ソープ