江夏画廊 | 麻布・六本木の絵画展覧・販売
 
営業時間:10:00~18:00  電話:03-6426-5139 江夏画廊のTwitterアカウント 江夏画廊のFacebookアカウント
ピラール・テリ(Pilar Tell)

ピラール・テリ

Pilar Tell

ピラール・テリのプロフィール

 

~略歴~
1950年 スペインのヴィラ・サクラ市に生まれる
1968~ スペインのバルセロナにあるセント・ジョルディ美術高等学校にて学ぶ
1972年 同校にて同じく画家であるフランシスコ・ボッシュと出会い、1971年に結婚する。
1973~ リベラ・ド・レブル「ナヴァレット・エル・ムンド」ワークショップのコンテストに参加
1976年 現在 スペイン・マスノウ市に夫と二人の子供と共に在住

 

~主な展覧会~
1978年 ティップトップホール(スペイン-バルセロナ)
1981年 ヴィラ・サクラ市市役所のオープニングセレモニー(スペイン-ジローナ)
1986年 スイス系学校(スペイン-バルセロナ)
1988年 アレヤ(スペイン)
1990年 イヴィア-ジローナ(スペイン)
1992年 神戸、名古屋、前橋
1993年 ヴィック(スペイン)
1994年 ワシントン(アメリカ)
1995年 オリンピック(スペイン-ヴィック)
1997年~2006年 日本全国各地
2010年 リョレト(スペイン-バルセロナ) 

~共同展覧会~
1975年 ログロニョメトロポリタン美術館(スペイン-ラ・リオハ)
1985年 アレヤ(スペイン)

~常設展示場所~
マーブル・アーチ・アート・ギャラリー(英国―ロンドン)
マリン-プライス・ギャラリー(アメリカ-ワシントン)
ギャルリー・デュ・シュヴァリエ(フランス-パリ)

~テクニック・技法~
かわいらしい猫、音楽家、憂いを秘めた女性など、フレスコ画を彷彿とさせる落ち着きのあるイメージと大人のユーモアセンスが特徴です。技法は、大理石の粉、顔料、ゴムを混合したものを、ペンティングナイフで下地を作り、サンドペーパーで下地の表情を整えます。油彩にコラージュを加えることもあります。

ピラール・テリからのメッセージ

画家として活動を始めて20年以上が過ぎました。それは同時に、画家である夫フランシスコ・ボッシュと、お互いの芸術を高め合ってきた時間をも意味します。
私の描く世界には、主に女性や大好きな動物たち、自宅の庭に咲く花々などが登場します。月夜に物思いに耽ける女性、小枝に留まり居眠りしている小鳥、ちょっと幸せな気分でカクテルを傾ける女性…そんな日常のシーンを楽しくイメージしています。 人物も動物もふくよかにそしてしなやかに表現し、イエロー、ブルー、グリーン、パープル等の強めの色とベースの乳白色とのコントラストにより、モチーフの表情をより一層引き立たせています。
遊び心がいっぱいで、思わず笑みがこぼれてしまう絵、そんなあたたかな絵をこれからも描き続けたいと思います。

 

新着情報

ブログ記事

2017-07-09
【社長コラム】メキシコ旅行記3(エル・タヒン編)
2017-07-08
【社長コラム】メキシコ旅行記2(メキシコシティ編)
2017-02-27
【社長コラム】メキシコ旅行記1(パレンケ編)
2017-02-16
チャリティ絵画展
2017-02-11
【社長コラム】オーストリア旅行記最終回(グラーツ、ウィーン)
2016-10-15
実践障害児教育へ寄稿しました
2016-09-22
板橋ソープ展最終日の驚き!!
2016-09-18
アートのワークショップ
2016-07-28
江夏画廊のプレミアム絵画レンタル&絵画リース
2016-07-18
【社長コラム】オーストリア旅行記(ヴェルフェン、ハルシュタット)