ARTIST

アーティスト

ルイ・ファビアン

Louis Fabien

1924年 ヴェンヌ県リール・・ジュールダン生まれ。
1950年 サロン・ドートンヌ出品、デビューを飾る。
1953年 サロン・ド・ジューヌ・パントル会員。その後長年会長となる。
1957年 グリーンシールド賞受賞(有望な画家に贈られる国際的な奨学金制度)。
1959年 サロン・ド・ジューヌ・パントルのためのビエンナーレで受賞。
1960年 サロン・ド・コンパレゾン出品、時代の証人画家展に出品。
1964年 東京ビエンナーレ展に招待作家として出品。
    この頃よりイギリス、アメリカ、カナダ、ドイツ、イタリア、スイス、
    ロシアの各地で個展開催或いは団体展に参加出品。
1981年 サロン・デ・ザーチィスト・フランセーズにおいて金賞受賞。
1990年 現代フランス画壇における重鎮の一人として、ヨーロッパ・アメリカ各地において精力的に作品を発表し高い評価を得る。
1996年 日本各地でも個展を開催して多くのファンを魅了する。
2003年 絵画を通じてのチャリティ活動が評価され、「フランス献身功労協会」より金賞を受賞する。この賞は社会で大切な役割をした人に送られる賞である。


<動画> ※動画再生ボタンを押した後、右下に表示される全画面ボタンを押してご覧ください

↓↓↓ 気づくとは? 「今日の一枚」より ↓↓↓

絵画展情報

more

経歴・プロフィール

各種解説

<ル・サロンとは>
ルイ14世治下のフランスにおいてアカデミーの設置と共に始まる。第一回展は1667年に開催。1881年に改称されサロン・デ・ザルチィスト・フランセ(フランス芸術家展)となり、設置以来今日まで300年の伝統を誇る。

<サロン・ドートンヌとは>
秋展の意。1903年にマティス、ルオー、ヴュイヤール等が創立したサロン。ルノアール、ルドン等の支持を得、ヴラマンク、ブラック等が初期から参加。現在に至る。

<サロン・ド・メーとは>
五月展の意。1945年にパリの新進画家たちにより創立。フランス画壇の新進、中堅、大家、外国作家を結集する招待展。現在に至る。

<サロン・ド・ジューヌ・パントルとは>
新進作家展の意。1950年にアイズピリ、ビュッフェ等により創立。アイズピリ、ビュッフェ、カシニョール、カトラン、フサロ、ドーショ等現代フランス画壇を担う画家たちを育む

画家のメッセージ

現代社会において、人々は日常生活の中で、心休まる時間よりも問題や苦悩を抱えて過ごす時間のほうが多い。だからこそ私は貴重な人生の幸福の時間を作品の中に追求したい。現代人が忘れかけている、平和で幸福な一瞬、特別ではなく誰もが出会う一瞬でありながら、気付かず見逃しがちな一瞬、そんな一瞬を描き続けていきたい。私の作品を見て、そんな一瞬が人生でどんなに大切で貴重な時であるかを思い起こして頂ければ幸いである。

YOUTUBE

アートをもっとたくさんの方に楽しんでいただくためにYoutubeで絵について様々な話をしています。

会社名 江夏画廊株式会社
営業時間 平日 11:00~18:00
電話番号 03-6426-5139
住所

〒106-0041
東京都港区麻布台3-1-5 日ノ樹ビル302

1階のMaison Landemaine(メゾン・ランドゥメンヌ)、
2階のRESTAURANT ITSUKI(臨時休業中)が目印です。
右側エントランスからお入りいただき、
奥のインターフォンで302をお呼び出しください。

アクセス

六本木一丁目駅
東京メトロ 南北線「六本木一丁目駅」2番出口より 徒歩5分

六本木駅
東京メトロ 日比谷線「六本木駅」3番出口より 徒歩10分
都営地下鉄 大江戸線「六本木駅」3番出口より 徒歩10分

麻布十番駅
東京メトロ 南北線「麻布十番駅」5a出口より 徒歩11分
都営地下鉄 大江戸線「麻布十番駅」5a出口より 徒歩11分

SNS